意外と知らない?機械式腕時計の仕組みや手入れについて

そもそも機械式腕時計ってどんな時計のこと?

『機械式腕時計』とは、自動巻き腕時計や手巻き腕時計のように、ぜんまいを巻くことによって動く時計のことを表しています。機械時計やメカウォッチと呼ばれることもありますね。近年では、電池で動くもの(クォーツ時計)が当たり前のようになってきましたが、一昔前まではこの機械式腕時計が主流でした。今の時代、なんでも正確に動くことが当たり前の世の中になってきていますが、機械式腕時計は電池などの動力源を必要としないアナログチックな構造のため、若干の誤差は許容するしかないのも特徴でしょう。

機械式腕時計のメリット・デメリット

機械式腕時計の最大のメリットは、なんといっても『寿命の長さ』にあります。クォーツ型腕時計の核となる部分(ムーブメント)は、工場で大量生産されているものがほとんどです。ムーブメントが壊れたら交換するしかありません。そして、このムーブメントは10年前後が寿命と言われていますので、何十年も使うことはどうしても難しくなってきます。比べて機械式腕時計は、適切に利用すれば数十年はメンテナンスなしで利用可能とされています。しかし、精度に関してはどうしてもクォーツ時計には劣ります。

機械式腕時計のメンテナンスと注意事項

前述したように、機械式腕時計の最大の特徴は寿命ですが、長く利用したいと思えば思うほど、メンテナンスは必要になっていきます。具体的には、3年~5年に一度はオーバーホールをするべきなんです。機械式腕時計の中には摩耗しやすいパーツが含まれているため、定期的に分解して交換してあげる必要があります。また、サビも機械式腕時計にとっては致命傷になりかねませんので、水気のあるところでの使用には十分な注意が必要になってきます。

ブシュロンは、フランスの高級宝飾品ブランドです。ジュエリー、腕時計、フレグランスなどのアイテムを展開しています。